top of page
  • chikako

不器用な子は 筆記用具を選ぶこと!




宿題が嫌いな子の中に、

文字を書くことが苦手、嫌いな子がいます。


他の子が、30分で終わる作業を、

1時間、2時間かかってやっています。


学校で 疲れ果てて帰ってきて

さらに、この苦行が待っているのです。

家に帰るのが、宿題が憂鬱になります。


以前、

点つなぎを宿題に出したときに、嫌な顔をされたことがあります。


私は、ものの5分で終わると思ったのですが、

1枚になんと30分もかかっていたというのです。


本当にかわいそうなことをしてしまったと反省しました。

自分の感覚で

相手を見てはいけないのです。


そういう子どものために何ができるのか探しました。

それが、

道具を選ぶということです。


弘法筆を選ばず ということわざがありますが、

それは、筆の達人になってからの話。


良い職人が、

道具を選び、丁寧に扱うように、


スラスラと文字を書ける子になるためには、

道具をしっかりと吟味する必要があります。


鉛筆をうまく操作できない子