• chikako

集中力を育てるには。

集中力を維持できない。

話を聞けない。

騒いでいるなど

発達に何か課題をもっていると言われる子どもたちに会いに行くと

しっかりした姿勢を維持できず

ぐにゃ、ぐにゃと姿勢を崩していたり

机に突っ伏しています。


姿勢が大切という言葉を

いろんな本でよく見かけますが

なぜ、姿勢が大切なのか

それは、背骨に自律神経が通っているためでもあります。


バイオフィードバックのペパー先生のブログを見ても

姿勢の重要性が分かります。


リンクしているブログ記事は

姿勢によってメンタルが大きな影響を受けることが書かれています。

面白いですよ。


姿勢を正すといいことがたくさんあることは

私たちよーく知っています。


でも、

それが続かないのは

体幹が鍛えられていないからなのです。


そうか体幹かって、

痩せられるしこれはいい!と体幹を鍛えるDVDを購入し挑戦してみました。

それが結構辛くて

同じポーズは無理でした。

残念ながら、1日で挫折。


挫折しかかって

バランスボールが意外に簡単に体幹を鍛えてくれることが分かりました。


実際にバランスボールに乗ってみると分かるのですが

5分と姿勢を正して乗っているのは難しいです。


でも、テレビを見るとか、ネットを見る、ゲームをやるなど

他に意識を集中させていると

背中の違和感を忘れてしまうんです。


なので何かをやりながら、

バランスボールに乗ることをお勧めしています。


毎日、

最低 20~30分続けることができると

変化を実感できます。


歩く姿勢

走る姿勢などが変わり

授業に集中できる時間も増えていきます。


ビジョントレーニングもその定着に3か月はかかると書かれているように、

体幹を鍛え良い姿勢が定着するには

継続が必要です。


子どもにバランスボールに挑戦させたいたい場合

お母さんも一緒にバランスボールに乗るといいみたいです。


また、

姿勢の大切さは、

神奈川県立保健福祉大学リハビリテーション学科作業療法学専攻准教授 笹田 哲 先生の

書字指導アラカルト」中央法規 にも姿勢の重要性が書かれており、


姿勢を正すこと(体幹を鍛えること)は、学習能力を伸ばす

大切な要素になります。


さらに、

笹田哲先生の 「書字指導ワーク1 字を書くための見る力・認知能力編」中央法規は、

文字の形がうまく整わない子どもに試してもらうと

意外に短い期間で文字が格段にきれいになり感激しました。


なぞり書きは字を覚えること、きれいな字を書くためには、

とても大切なトレーニングなのですが、

学校教育の場では、丁寧にこのための時間を取ることができません。


この一冊はおすすめです。


※ 注意

バランスボールは、身長によって大きさが異なります。

転倒する危険性がありますので、使用には十分注意してください。


転倒防止用の椅子の形になったバランスボールや

転倒防止リングがついたものもあります。














​心理臨床オフィス

こもれび

公認心理師・臨床心理士 阿部千賀子

 ​岩手県盛岡市 ( 仙北町駅 から 徒歩10分)

Copyright © こもれび All rights reserved.