top of page
  • chikako

心臓も記憶している。

更新日:2019年1月24日



東日本大震災の折、

岩手県にも支援に来てくださった 

神戸で心療内科を開業されている 竹林 直紀 先生のブログ

いつも楽しみに拝見しています。


今日は、その一つを紹介させていただきます。

心臓は小さな脳」より 


心臓には、約4万個のニューロン(神経細胞)が存在し、

この心臓脳が、大脳とは関係なく学習、記憶、決定、知覚などの働きを独自にしているということが

分かっているそうです。


そして、驚くことに

脳が送る情報量よりも、

心臓が送る情報量の方がはるかに多いそうです。


つまり、

心臓からの情報が身体への影響が大きいということ。


私たちが唯一自律神経をコントロールできる手段に、

呼吸があげられることも納得のいくところです。


この話を読み、

「アンビリーバボー」という番組