• chikako

愛情の反対は憎しみではなく無関心です


これは

マザーテレサの有名な言葉ですが、

真実をついていると思います。


大嫌いな人は、

実は、自分によく似ています。


よく似ているけれど、

自分が見たくない、人に見せたくない、あってはならない嫌な部分を、

持っているから許せなくなる。


自分にないと

相手のいやなところに

気づくことができません。


だから

無関心になれる。


昔、大好きだった人が

大嫌いになることがあります。


それは

昔も、今も 変わらないけど、、


大好きな時は、好きなところだけ、

大嫌いな時は、大嫌いなところだけ見ていただけ。


木を見て森を見ずのことわざどおり、、

なかなか気が付くことができない。。


また、、

「群盲像を評す」というたとえ話にあるようにあるように


この話には数人の盲人(または暗闇の中の男達)が登場する。盲人達は、それぞれゾウの鼻や牙など別々の一部分だけを触り、その感想について語り合う。しかし触った部位により感想が異なり、それぞれが自分が正しいと主張して対立が深まる。しかし何らかの理由でそれが同じ物の別の部分であると気づき、対立が解消する、というもの。 (ウィキペディアより引用))



これが

たった一人の心の中で起きていることだから、

なかなか気が付くことが出来ません。


その時々に、

心は変化していて、

ある時の自分が、いつかの自分を裏切っていることに

なかなか気が付けない。


だからこそ、

人には、人が必要。


ただ、ただ、自分の気持ち、経験を言葉にしていくことに、

意味のあることなのです。


ゆえに、

安心して語れる場があることは、

大切なこと。


一歩も踏み出せないほど

傷つけられるのも

人ですが、


癒され、再生する奇跡も

人によって

起きる。


















27回の閲覧

​心理臨床オフィス

こもれび

公認心理師・臨床心理士 阿部千賀子

 ​岩手県盛岡市 ( 仙北町駅 から 徒歩10分)

Copyright © こもれび All rights reserved.