• chikako

懐かしいソフトペン



小学生のころ

大好きだった先生がソフトペンを使っていました。

それもピンク!


先生のやさしいコメントを何度も見返したものです。

正解の丸は大きく。

花丸もプリントいっぱいに書いてくれました。


それに比べて

間違ったところはとても小さくチョンと印が付いていました。


その印を見つけると

先生に早く丸をつけてほしくて

あわてて

やり直し採点の列に並んだ思い出があります。


S先生が一度赤にインクを変えたことがあったのですが、

どうして変えたの?ピンクがいいと子どもたちのリクエストが多いからと

その後はずっとピンクを使っていました。


正月休みに

ピンクに不思議な力がある本を読んで

ピンクのソフトペンのことを思い出し、

調べてみたら

ピンクのソフトペンは、廃盤になっていました。


けれど、

万年筆用のインクを使える構造になっているので、

ピンクのソフトペンの復活してみました。


以前、メモは

青がいいという話を書きましたが、


採点には、赤よりピンクの方がよいかもしれません。

コメントを書くにも、



​心理臨床オフィス

こもれび

公認心理師・臨床心理士 阿部千賀子

 ​岩手県盛岡市 ( 仙北町駅 から 徒歩10分)

Copyright © こもれび All rights reserved.