• chikako

暖炉の音を聞きながら


おやすみクリスマスメドレーを聞いていて

薪が燃える音を聞いていたら


昔、おばあちゃんの家の台所で

薪ストーブを囲んで

おばあちゃんと話したことを思い出しました。


おばあちゃんは笑顔が素敵なとっても温かい人で

いつも近所のお母さんたちがお茶のみに来ていて

人の絶えない家でした。


年末年始は、

全国に散らばっていた親族が集まっていて

土間で

餅をついて新年を迎えます。


熱いうちに

ぴゅっ、ぴゅって小さな丸を作って

すりこ木ですった

クルミ、

ゴマ、

納豆など入った器に餅を入れていきます。


納豆餅、

クルミ餅、

ゴマ餅が出来上がって


大喜びで

おなか一杯お餅を食べました。


パチパチという音を聞くと

この暖かい思い出が浮かんできます。






7回の閲覧

​心理臨床オフィス

こもれび

公認心理師・臨床心理士 阿部千賀子

 ​岩手県盛岡市 ( 仙北町駅 から 徒歩10分)

Copyright © こもれび All rights reserved.