top of page
  • 執筆者の写真chikako

生きている それだけで尊い



いき      まどみちお


いきを とめたら

だれだって しぬ

でも わすれていても

いきは じぶんで

いきを している

いつ どこで

どんな ときにでも


ああ なんでたろう

かみさまが

いきに そうさせて

みんなを いかして

くださっているんだなあ


みんなを ほんとに

だいすきなので・・・




この詩を読んでいて

ただ、生きている その事実さえ

八百万の神様に加え

名も知らない数えきれな人たちによって

生かされているのかもしれない

そう思ったら

平凡な今日一日も

実は、奇跡のような瞬間の連続なのかもしれないと思いました



閲覧数:54回

Comments


bottom of page