6月24日の金曜日のお話会は



6月に入りました。

みなさんお元気ですか?


今月、6月24日金曜日のお話会は、

あらためて「発達障害」についてお話させていただきます。


発達障害について、

分かっているようで現場の先生たちも

よくわからないので困っています。


実は、発達障害について取り上げられるようになったのは

20年ぐらい前、

MRIが出来て脳のことが少しずつ分かるようになった時期からなのです。


この為に、

40代以上の先生たちは、

大学で発達障害のことを学ぶ機会がありませんでした。

もちろん、虐待や心的外傷についてもそれほど詳しく学ぶ機会がなかったのです。


さらに、発達障害の診断基準が、変わっています。

この為に、学び続けていなければ、

知っているつもりでも情報が古く分かっていないということもあります。


日本では、アメリカ精神医学会が出版している DSM を採用していて、

現在、2014年から最新版のDSM‐5が使われています。


今回は、その概要を簡単にお伝えするとともに

なぜ、分かりにくいのか、その理由もお伝えします。


また、先月のお話会のアンケートに

子どもがパニックになったときにどのようにしたらいいでしょうかという問い合わせがありました。

そのお話もさせていただきます。


6月24日 金曜日 午后8時より お話会を行いますが、

終了後、期間限定で記録映像のご案内をさせていただきます。


最近、リアルタイムのご参加くださる方が減り、申し訳ありませんと言われてますが、

全く問題ないです。

皆さんのご都合の良い時間に見てください。


ZOOMには、記録映像の容量制限があるために

容量を超えると料金を支払うシステムになっている関係で

1カ月分だけ記録を残し、

1か月公開することにさせていただいています。


また、アーカイブ形式の為

参加された方の映像は映りません。

簡単に言うと、テレビを見ているような感じです。


それでは、

6月24日 午后8時から40分間

皆さんにお会いできることを楽しみにしています。


受付をスタートしております。↓

https://www.komorebi-therapy.com/event-details/kinyobigatanoshimininarukogutoretoshinrigakunoohanashikai-daigoya



追伸

本日、コグトレ学会事務局より案内がありました。


9月3日 土曜日 初級コグトレ研修会を開催します。

今回も限定20名の募集になります。

このホームページにて受け付けております。

https://www.komorebi-therapy.com/event-details/dai2kai-kogutoreshokyukenshukai


そして、

いわてコグトレ研究会のホームページも

学会ホームページに掲載していただけました!

もしよかったら見てください。

https://cog-tr.net/group/







閲覧数:17回