• chikako

計算嫌い。


算数嫌いには、いろんなタイプがいます。


計算が苦手な子、

図形が苦手な子、

文章題が苦手な子、


今回はその中でも、

計算が苦手な子を取り上げます。


学年が上がっていても

一生懸命に指を使って計算している子がいます。


指を使ってでも計算ができるならばよいのですが、

ちょっと複雑になると、

途中でわけがわからなってしまい。

お手上げ状態になります。


小学校3年生程度の算数の力があれば

生活していけると言われていますが、

指を使ってる状態では、そこにもたどり着けません。


これは、計算力の前に

数の概念が、育っていないことが原因の一つと考えられます。


コグトレの数えるというワークの中に

散らばっている星☆を5個づつ丸で囲むという作業をするものがありますが、

10以上の数の繰り上がり、繰り下がりがうまくできない子は、

ぱっと見て、5個を一つの塊として見つけることができなかったり、

1個づつ数えて丸で囲んでいたりします。


例えば、

5+7を計算するときは、

大人は意識さえしていませんが、

5の塊2つで10.あまり2 それで 12と計算しています。


この5の塊の概念がしっかりとつかめていないと

繰り下がり、繰り上がりで本当に苦労します。

どんな計算でも繰り上がり、繰り下がりは登場します。


この5個づつまとめるトレーニングをすることで

計算力が上がっている子がいます。


ゆえに、

計算の苦手な子が、

計算ドリルをただただやり続けることよりも、


数の概念を育てることが

大切と思っています。





​心理臨床オフィス

こもれび

公認心理師・臨床心理士 阿部千賀子

 ​岩手県盛岡市 ( 仙北町駅 から 徒歩10分)

Copyright © こもれび All rights reserved.