top of page
  • chikako

時間感覚は育てるもの


時計の読み方を覚えるのは

小学校2年生の1学期ごろ、


それも、

現在の指導要領では、

1時間から2時間程度しか時間が取れないのに

その授業時間内に、時計の読み方をマスターできない子が多いようです。


たまたま見つけた記事

時計の数字表記のところにアンパンマンのキャラクターのシールを貼るというのを見つけましたが、

すごいアイデアと思いました。


それは、

子どもたちにとって時計を読むということは

朝ごはん、昼ごはん、おやつの時間と覚えていた時間を

数字に置き換えなければなりません。

さらに、短い針は

数字通りに見ればいいのに、

長い針はそうはいきません。

これがとっても難しいことなのです。


小学校の教室では、

時計の枠に もう一つ長針の読み方を張り付けていますが、

それでもなかなか覚