• chikako

どうして国語嫌い?

ビジョントレーニングを子どもたちとやっていて

面白いなと思うのは、

ランダムに並べた数字や文字を読んでもらうと、

横並びに読むと、縦並びに読むのでは、

縦読みにてこずる生徒が意外に多い。


よく考えると、

今は、ゲームの文字も横に流れている。

テレビのテロップも横書き。

子どもたちが遭遇する縦書きの文章といえば、

映画の字幕や国語の教科書ぐらい。

新聞を読む習慣がないとすれば、

縦に書かれている文章を日常で読む機会があまりありません。


そういう子どもに

国語の音読をしてもらうと

変なところで文章を切ったり、

音読はできて言うのに、何度読んでも内容が入らない子どもがいます。


周りにいる大人は、

不思議に思いつつ、文字を読めていれば理解できているのではないかと思うのだけど、

実際のところ、●▽□×のように記号を正確に読んでいるだけの状況なのです。


文章を読んでいるときに、

文章を意味ある単語の連なりとして理解していないため、

頭の中で内容をイメージを展開できず、文章理解につながりません。


この状態なので、

授業を受けているはずなのに国語力が伸びない。

国語嫌いになってしまう子もいます。

とっても残念なことなのです。


国語力が伸びないと文章読解が出来ず

学年が上がるほどに

他の教科の問題文も読み解くことができないから

答えにたどり着けない。

ここで勉強嫌いが完成してしまいます。


このプロセスが分かっていないと、

なんで学力が伸びないのかわからない。

知能のバランスの見立てもとても重要です。


そこをサポートしてあげないと

子どもたちの努力が点数として現れにくい。


暗記に頼りすぎている子どもは、

応用力が育たず、

中学もしくは、高校で痛い挫折を味わうことになります。





​心理臨床オフィス

こもれび

公認心理師・臨床心理士 阿部千賀子

 ​岩手県盛岡市 ( 仙北町駅 から 徒歩10分)

Copyright © こもれび All rights reserved.