top of page
  • chikako

どうして国語嫌い?

ビジョントレーニングを子どもたちとやっていて

面白いなと思うのは、

ランダムに並べた数字や文字を読んでもらうと、

横並びに読むと、縦並びに読むのでは、

縦読みにてこずる生徒が意外に多い。


よく考えると、

今は、ゲームの文字も横に流れている。

テレビのテロップも横書き。

子どもたちが遭遇する縦書きの文章といえば、

映画の字幕や国語の教科書ぐらい。

新聞を読む習慣がないとすれば、

縦に書かれている文章を日常で読む機会があまりありません。


そういう子どもに

国語の音読をしてもらうと

変なところで文章を切ったり、

音読はできて言うのに、何度読んでも内容が入らない子どもがいます。


周りにいる大人は、

不思議に思いつつ、文字を読めていれば理解できているのではないかと思うのだけど、

実際のところ、●▽□×のように記号を正確に読んでいるだけの状況なのです。


文章を読んでいるときに、

文章を意味ある単語の連なりとして理解していないため、

頭の中で内容をイメージを展開できず、文章理解につながりません。


この状態なので、

授業を受けているはずなのに国語力が伸びない。

国語嫌いになってしまう子もいます。