• chikako

人間万事塞翁が馬

最終更新: 2018年2月15日

臨床心理士試験が受かるまで

何度か苦い挫折を味わい

落ちたときの落胆は言葉で言い表すことができないほどでした。


どうやって気力を取り戻したらいいのか、わからなくなっていた私に、

恩師が この「人間万事塞翁が馬」の話をしてくれました。


これは 「じんかんばんじさいおうがうま」と読みます。

中国の古い書物に書かれているお話の一つです。


昔、砦のそばにおじいさんが住んでいました。

ある日、おじいさんの馬がいなくなり、

近所の人が気の毒に思っていたのですが、


おじいさんが、

「このことが幸運を呼び込むかもれいない」と言います。


しばらくすると、

おじいさんの馬が、

名馬を連れて帰ってきます。


これを見た近所の人が喜んでいると、

「このことがわざわいになるかもしれない」とおじいさんが言います。


すると、この馬に乗っていたおじいさんの息子が

落馬して足を骨折します。


近所の人が、お見舞いにると来ると、

おじいさんは、

「このことが幸運を呼び込むかもしれない」と言います。


やがて、戦争が起きて

多くの若者が戦争に駆り出され、命を落とすことになりましたが、

おじいさんの息子は、足を怪我していたために

戦争に行かなかったため無事であったというお話です。


つまり、

世の中のことはすべて 何が幸いして何が禍するか分からないものだということを指しており、


先生は、この禍としか思えない事実を

幸せのきっかけにしていこうと励ましてくださったのです。


私は、

ノーベル賞を受賞した

京都大学教授 山中伸弥教授の自伝を読み

再受験に向けて心を奮い立たせたものです。





29回の閲覧

​心理臨床オフィス

こもれび

公認心理師・臨床心理士 阿部千賀子

 ​岩手県盛岡市 ( 仙北町駅 から 徒歩10分)

Copyright © こもれび All rights reserved.