top of page
  • chikako

説教は糠に釘。

親のしつけという名の虐待死の記事

教師による体罰。暴言による懲戒処分の記事やをよく目にします。


「どうして?」「おかしいんじゃない!」、

リビングで新聞を開いて冷静に記事を読んでいる人には

常軌を逸した教師の姿が思い浮かぶのではないでしょうか。


けれど

当たり前のことが、

当たり前にわからない子どもたち


当たり前のことを言っても

理解できない子どもたちがいます。


教師は、教えようとして

必死に言葉を尽くして伝えようとしますが伝わらない。

そんなことが学校では頻発しています。


思うようにいかない。伝わらない。

自分の能力では、対処できていない。

どうして!

なんで!

その焦りが、怒りの種を生み出し続けます。


けれど

伝わっていないことを理解して

やり方を変えない限り

残念ですが、

子どもに対する指導(説教)は、親や教師の自己満足で完結してしまいます。


なぜ、言葉